2015年3月の記事一覧

努力

あのグループのライブ動画を見た。観客のほとんどは黒人である。彼らが黒人歌手なのだから当然かもしれないが。

舞台で演奏するのも黒人である。

これを見る限り、彼らはスターではあってもスーパースターではない。

スーパースターは人種の壁を越えなければならない。

同じ人種を相手にしている時点で並みのスターである。

もっとも、並みのスターになるだけでも大変なのであるが。

華やかな表舞台の裏には、相当な努力や苦労があったことは容易に想像がつく。

2015年3月29日|

カテゴリー:blog

車を売る仕事


結局、全ての職業はカネのためにやるものだ。その中で高給のものと安い給料のものがある。

時給1500円のエステの仕事も自給800円のパン屋の仕事も、車を売る仕事も、
 脱毛器の販売も全てカネのためという意味では同じではないか。

単純に考えるとそうなるのではないか。



それで、仕事の方であるが、私の隣で仕事をしていた男が解雇された。

私は一人で二人分の仕事をこなさなければならない。

それで上司から言われたのが、「テキパキ、こなせ。遅かったら、手をあげるぞ」である。


まともな企業であれば、人を殴れば解雇であるが、ここでは殴られたほうが辞めることになる。何とも不思議な会社である。

過去に傷害事件をおこされたこともある。

私にこのようなことを言った上司も更に、その上の上司から毎日、パワーハラスメントを受けている。

人相を見ると明らかに、泣き顔で脳が壊れてきている。二週間に一回しか帰宅出来ないのだから当然であろう。
2012-02-07

ところで、昨日から大雪が降っている。通勤も以前に比べて、とても時間がかかる。
これは雪国に住んでいる以上、仕方のない生活コストなのだろうか。
 雪でタイヤが滑りがちなのでギアをドライブではなく2速に入れて走る。
この時期の運転は走るという表現ではなく移動するといった表現のほうがふさわしい。
もうすぐ季節なのだが、御礼状のハガキも、まだ書いていない。時間がない。

2015年3月28日|

カテゴリー:blog

家を売る


離婚ですか。あの社長に言わせると離婚は結婚卒業おめでとうだそうですが。

私、あまり人には言ってないのですが離婚はないですが、婚約破棄はしてるんですよ。

31歳か、そこらの時です。

二人で結婚式場を見に行ったときに直観的に思ったのですよ。違う、この相手じゃないと。

相手に非があるわけでもないし、嫌いでもない。でも、この人ではないと。その後、いろいろありました。

果たして、結婚を断ったことが正解だったのか、どうかは現在でも不明です。

おかげで、この歳でも独身です。会社には多いんですよね。中年の独身。

窮屈なので実家を出ることを考えているのですが、これはこれで面倒です。

彼に言わせると実家で楽な生活をしていると結果が出ないそうです。多額の借金を抱えているくらいで丁度良いそうですが。

彼は多額の借金を抱えて家を売ることになったそうです。神奈川県の実家のことです。
果たして、いくらで売れたのでしょうか。

神奈川県 マンションを売る

2015年3月28日|

カテゴリー:blog

太田母斑

太田母斑と呼ばれる青や茶褐色のあざがあります。顔の片方、目や、ほほを中心とした顔の一部にあらわれます。太田母斑の発生頻度は男性よりも女性の方が多 いようです。だいたい男性の4-5倍程度だと考えられています。この太田母斑は、日本人などのアジア系に多いタイプのあざです。 太田母斑の治療法としては、レーザー治療が登場するまでは、身体の他の部分から皮膚を移植する方法や、あざの部分を凍結させて解消させるドライアイス療法 が行われてきました。しかしながら、こうした方法では術後にキズが残る場合もあり、現在では、あまり勧められる方法ではありません。 現在では、太田母斑の解消、治療にはレーザー治療が一般的です。太田母斑は、皮膚の浅いところと深いところの二つの層に色素の細胞が存在していることが多 いようです。 レーザー治療も、ただレーザーを治療して終わりというわけではありません。レーザー治療を何回か行った後は、最終的な皮膚の色合わせの治療を担当の医師と 良く相談して決めることが大事でしょう。このときには経験豊富なベテランの医師を選びたいものですね。 レーザー治療と一口に言っても、皮膚のなかの色素の状態、密度、皮膚の強さや治療部位によってレーザーの機種や出力も異なってきますので、なおさらです。 レーザー治療のさいには、納得の行くまで医師と良く話し合いましょう。  

2015年3月28日|

カテゴリー:皮膚

ほくろ

ほくろ取りに使われるレーザーですが、種類もいくつかあり、レーザー光それぞれに特徴があります。黒、青、茶色系に反応するレーザー光が、ほくろ取りには使用されることが多いようです。 このレーザー光は、ほくろ、皮膚のメラニン色素を除去するだけではありません。紙についた色も落すことができると言われています。 黒い紙や青い紙等、色のついた紙に、このレーザー光をあてるとレーザーがあたった場所だけが白くなるのです。赤や白など、他の色では、このような変化は起きません。つまり、このレーザー光は黒や青などの特定の色にのみ反応するのです。 ホクロあざの除去のレーザー治療には、この原理が用いられています。このレーザー光は皮膚に有害なのではと心配されるかもしれませんが、それは杞憂です。 皮膚に悪影響を与えるのは紫外線です。 南極のオゾンホールにからむ、フロンガスの問題が注目されるのは、この紫外線との関係です。特に皮膚にメラニン色素を持っていない白人、(コーケジアン)が強い影響を受けると言われています。

2015年3月28日|

カテゴリー:皮膚

あざ

あざというものは、通常、存在するだけでは、特に別状があるというものではありません。しかしながら、あざの 種類によっては、そうではないものもあります。 赤あざの中でも、苺状血管腫と呼ばれる種類のものがあります。表面が盛り上がってデコボコして真っ赤な色をしているのが特徴です。誕生後に兆しが見え始 め、どんどん大きくなっていきます。通常は、このイチゴ状血管腫は6-7歳までに消えるものなのですが、場合によっては大人になっても残ることがあるよう です。 いちご状血管腫の中でも、特に盛り上がりのあるものは、自然に消えた後に、やけどの跡のような色素の沈着やシワが残ることが多いようです。このタイプの赤 アザが目の周りや、耳の近く、関節の部分に発生した場合は、早めに診察してもらった方が良いでしょう。このアザ(血管腫)があることにより、成長を阻害し てしまい、視覚や聴覚等に悪影響を及ぼすおそれがあります。 このタイプの赤いアザが発症するのは、子供が小さいうちですから、親御さんもさぞかし心配だろうと思います。子供の将来のためにも信頼できるクリニックで早めの診察をしてもらい、すくすくと育つ子供の成長を見守りたいものです。

2015年3月28日|

カテゴリー:皮膚