仕事

エリート人生

昨日の遅番だから22時くらいであろうか?

N氏と喫煙所で話す機会があった。

以前、この人がスマートホンで英文のサイトを見ていたので、もしかしてこの人は高学歴の人間ではないかと考えていたのであるが正解であった。

「中国の景気が悪いから、世界の景気も、、」

などと経済評論家のようなことを口にする。

「随分と難しいことを言いますね。どこか良い学校を出ておられますか?」

と、訊くと「一応、大卒です」との、言葉が返ってきた。

聞けば国立の山口大学を卒業した後、三菱自動車でマーケテイングの仕事をしていたとのこと。

アメリカ法人の立ち上げにも携わったとのことであった。

英語は、そのときに会社側から言われて、みっちり勉強したとのことであった。

それが、どこで道を踏み外し、歯の治療も出来ない派遣社員になったのか?


聞けば離婚したことが切っ掛けだという。

彼は現在51歳、いつ離婚したのであろうか?

ここから先は、私の勝手な推測である。


離婚したことで多額の慰謝料の支払い義務が生じたので会社を辞めて退職金で慰謝料の支払いをした。

次の仕事は仕方なく岡山の三菱自動車で派遣で働き始めた。

四国の実家からは絶縁された。

以降、派遣の仕事を転々とする。

クルマも買えず、自転車通勤をする。

四畳半一間の生活となる。

こんなところであろうか?

エリート人生を送っていても転落するときは簡単である。




成功

2016年1月31日|

カテゴリー:仕事